12.9.2013

Personal Injury In Nevada

Written by: The Law Offices of Garrett T. Ogata

ネバダ州での人身傷害
自動車事故に遭うことはとても衝撃的で、人生を変えるような結果を生みます。ストレスと怪我の度合いによっては、はっきりと、もしくは全く物事が考えられなくなるかも知れません。そこでできるならば、次の注意事項に従ってみてください。
・必要ならば、病院で診察を受けること。
・妥当ならば、警察を呼び出して報告を求めること。
・事故に関わった全ての自動車のナンバープレートの番号を控えること。
・あなたの情報と保険を交換し、丁寧に接すること。
・全ての目撃者の個人情報をもらうこと。
・物的損害と人身傷害の証拠写真を撮ること(携帯電話のビデオとカメラを使う)。
・あなたの弁護士に連絡を取ること。
・安全のため、もしくは法律で義務付けられていない限り、あなたの車は動かさないこと。
・道路では危険な場所で立たず、どこか安全な場所で立っていること。
・誰とも過失について話し合わず、謝罪もしないこと(あなたに不利になるように使われる可能性がある)。
・弁護士と連絡を取らないまま、和解案に同意しないこと。

注意事項がたくさんあるので、ストレスと怪我があいまって、思い出すのがより難しくなるかも知れません。要点としては、できるだけ情報を集めて、自分の過ちを認めたり、謝罪してはならないことです。
事故が起こった時に、自分もしくは他人を守るために保険に入っておくことも重要です。自動車保険に入ることは法律でも定められています。一事故による一人の身体傷害または傷害致死に1万5千ドル、一事故による二人以上の身体傷害または傷害致死に3万ドル、そして、一事故による他人への損害または器物損壊に1万ドルの保険をかけていないといけません。これらはもちろん最低額であり、医療保険額を上げれば、より一層保障されるので有益です。
多くの事故は、ただスピードを落として注意を払うだけで防ぐことが出来ます。運転をすることは特権で、大きな責任がかかります。しかし、あなたがもし不運な事故に遭ったら、上に書いた注意事項を思い出してください。

Share This Story

Interested in this topic? Your friends might be too! Consider sharing this story to your social media channels by clicking on one of the icons below.
uploadmagnifiercrossmenu linkedin facebook pinterest youtube rss twitter instagram facebook-blank rss-blank linkedin-blank pinterest youtube twitter instagram