11.7.2013

Driving Under the Influence

Written by: The Law Offices of Garrett T. Ogata

ネバダ州では、様々な形で飲酒運転(DUI)の罪に問われることがあります。

血中アルコール濃度(BAC)が0.08以上であり、あなたが運転しているか、もしくはキーを差したままにして運転席で寝ているといった、物理的に車をコントロールしている状態であれば、DUIで起訴されることがあります。また、あなたが運転しているか、もしくは物理的に車をコントロールしている状態で、コカインやマリファナなどの禁止薬物が体内から一定レベル検出された場合もDUIで起訴されることがあります。処方された規制薬物を持っていても、もしくはBACが0.08未満であっても、「機能障害論」によりDUIで罪に問われることがあります。 もしあなたが営業用自動車免許を持っていたら、BACが0.04だけであってもDUIで罪に問われます。21歳未満であれば、BACが0.02だけであってもDUIで罪に問われます。

刑罰は、DUIの種類によって異なります。DUI #1(軽犯罪)は2日以上6ヶ月以下の実刑判決が出され、DUIスクールや被害者インパクト・パネル(VIP)、そしておよそ600ドル~1000ドルの罰金といった、費用のかかる刑罰になります。

DUI #2(軽犯罪)は、10日以上6ヶ月以下の実刑判決が出され、他にもVIP、エンジン作動ロック、罰金、そして1年以下のカウンセリングを受ける可能性もあり、費用がかかります。

DUI #3は重罪で、最低でも1年、最高で6年まで刑務所に入ることになります。その上、DUIの罪から実質的な身体的危害が生じた場合は、刑罰がより厳しく、一般的に2年から15年のより長い懲役刑とより高い罰金が科せられます。もし、DUIにより死者が出た場合は、真相によっては終身刑を受けることにもなります。

DUIで罪に問われた場合は、車を運転する特権をも危険にさらされます。DMVの行政審判を要求しない限り、DMVは運転免許と運転する特権を自動的に無効にするでしょう。DUI #1なら90日間、DUI #2なら1年、DUI #3なら3年以上、運転免許が失われます。SR-22の保険を持つことも義務付けられるでしょう。

お分かりのように、DUIは重罪ですが、あなたには権利と抗弁権があります。課せられた罪、権利そして抗弁権について、あなたに情報を与えてくれる弁護士を探すことが重要です。弁護士はまた、一時的な運転免許を取るために、ただちにDMVに行政審判を要求する必要があります。また、ネバダ州では現場で行われる標準の飲酒検査を受ける必要がないことを知っておいて下さい。つねに黙秘権と弁護士を立てる権利を行使します。もし、警察がDUIであなたを逮捕したら、呼気アルコール濃度検査か血液検査をするよう要求するでしょう。呼気アルコール濃度検査は、誤作動することで知られており、作動ミスする傾向にあるので、弁護士はさらに抗弁できることになります。明らかに、タクシーに乗る方が安全で、心的外傷も少なく、DUIの罪を受けるよりも安くつきます。飲んだら運転しないのが一番です。

Driving Under the Influence

DUI

In the state of Nevada, one can be charged with Driving Under the Influence (DUI) in multiple ways.  If your blood alcohol content (BAC) is .08 or higher, and you are driving or in physical control of a vehicle, such as sleeping in the driver’s seat with the keys in the ignition, then you can be charged with a DUI.  Also, if you are driving or in physical control of a vehicle and you have a certain level of prohibited substance, such as cocaine or marijuana in your system, then you can be charged with a DUI.  Even if you have a controlled substance, such as prescribed medication, or a BAC lower than .08, you can still be charged with a DUI under the “impairment theory.”  If you have a commercial driver’s license then you can be charge with a DUI if your BAC is only .04.  If you are under the age of 21, you can be charged with a DUI if your BAC is only .02.

The penalties vary for DUIs.  A DUI 1st (misdemeanor) carries a jail sentence of not less than 2 days nor more than 6 months in jail and costly penalties such as DUI school, Victim Impact Panel (VIP) and fines approximately $600-$1000.  A DUI 2nd (misdemeanor) carries not less than 10 days nor more than 6 months in jail and other costly penalties, such as VIP, breath interlock devices, fines and possible counseling up to 1 year.  A DUI 3rd is a felony and carries a minimum of 1 year in prison and a maximum term of not more than 6 years in prison.  Furthermore, if substantial bodily harm results from any DUI charge, the penalties are more severe and it carries longer prison terms, typically 2 to 15 years and higher fines.  If death results from a DUI you may be looking at a life prison sentence depending on the facts.

Your driving privileges are also at risk if you are charged with a DUI.  The DMV will revoke your license and driving privileges automatically unless you request a DMV administrative hearing.  You will lose your license for 90 days if it is a DUI 1st, 1 year if a DUI 2nd and 3 years or more if a DUI 3rd.  You will also be required to carry SR-22 insurance.

As you can see a DUI is a serious charge, but you do have rights and defenses.  It is important to seek legal counsel to inform you of the charges, your rights and defenses.  Your attorney will also need to request a DMV administrative hearing immediately to request a temporary license.  It is also important to know that you are not required to perform a Standardized Field Sobriety Test in Nevada nor make any admissions to drinking.  Always invoke your right to remain silent and to have your attorney present.  If law enforcement does arrest you for a DUI then you will be required to submit to a breath test or blood test.  Breath test are known to malfunction and prone to operator error, which may provide your attorney with additional defenses.  Clearly a cost of a cab ride is much safer, less traumatic and cheaper than getting a DUI.  It is best to never drink and drive.

Share This Story

Interested in this topic? Your friends might be too! Consider sharing this story to your social media channels by clicking on one of the icons below.
uploadmagnifiercrossmenu linkedin facebook pinterest youtube rss twitter instagram facebook-blank rss-blank linkedin-blank pinterest youtube twitter instagram