6.14.2014

Domestic Violence and Immigration

Written by: The Law Offices of Garrett T. Ogata

家庭内暴力と移民の影響

「不道徳行為」の犯罪を犯すことで、強制送還の対象になったり、アメリカ合衆国への再入国や、アメリカ市民になること、グリーンカードを取得すること、または身分を変更することができなくなったりします。「不道徳行為」の犯罪は、世間の良心を揺さぶる行為です。ネバダ州で軽犯罪にあたる家庭内暴力は、不道徳行為の犯罪の中で最もよく知られる罪の一つです。

家庭内暴力の罪は、深刻な移民問題を引き起こします。家庭内暴力の罪は、意図的に違法行為を犯した時、または加害者と関係のある相手に暴力を振るった時に起訴されます。例えば、その相手とは、加害者の家族、前夫、そしてルームメートまでもが含まれます。

もし、あなたが家庭内暴力の罪か、何かの犯罪で起訴されたら、弁護士にあなたの在留資格を知らせて、その罪で自分にどんな影響が出るのかを話し合ってください。どんな結果になるか分からなければ、簡単に司法取引に応じてはいけません。理想的には訴訟の却下を求めるか、配偶者や家族を巻き込まない軽い罪を認めることです。

家庭内暴力は、「不道徳行為」の犯罪に相当するだけでなく、非常に一般的なものです。司法取引に応じたり、たとえ懲役刑でなくても何かの罪を認めたりする前に、弁護士に自分の移民としての立場がどうなるかを相談してください。

Share This Story

Interested in this topic? Your friends might be too! Consider sharing this story to your social media channels by clicking on one of the icons below.
uploadmagnifiercrossmenu linkedin facebook pinterest youtube rss twitter instagram facebook-blank rss-blank linkedin-blank pinterest youtube twitter instagram