8.22.2014

Out of State Criminal Matters and Traffic Citations

Written by: The Law Offices of Garrett T. Ogata

あなたがもし、ネバダ州を訪れている際、またはネバタ州を通過中に、DUI(飲酒
および麻薬の影響下[服用時]の運転)または他の犯罪で起訴された場合、それを
無視して逃げ切ることはできません。令状には、裁判所に出廷日に現れない場合は逮
捕されることも明記されています。これは(重罪だけでなく)交通違反などのマイナー
な出頭通告も含まれます。令状により、あなたはネバダ州外で地元警察に逮捕され、
ネバダ州に送還されるのかについて審議されることになるでしょう。そういう事態に遭
遇した場合に大切なのは、この試練を一緒に戦い、間違いなくこの問題を解決の道へ
導いてくれる経験豊富な地元の弁護士を雇うことです。令状を無視してはいけません。
容疑の重さにもよりますが、(あなたに弁護士がいる場合)ケースによってはネバタ州
の裁判所に再出廷する必要さえないこともあります。もしあなたが軽犯罪――例えば
DUI で起訴されるのが初めての場合など――、弁護士があなたに代わって裁判所に出
廷し、裁判にならないようすべての段階においてあなたの代理として働くことができま
す。このケースの場合は、もし、裁判になることが決まってあなたが出廷しなくてはい
けない場合でも、あなたの出廷なしに、弁護士事務所が裁判に出廷することが可能で
す。また弁護士はあなたに代わって事例に関して交渉したり、罪状認否に関する書類
の作成を行うことが可能なので、あなたがネバダ州に戻ってくる必要はありません。も
しあなたが、居住州以外の区域で犯罪を起こした場合、弁護士を雇うことは物事をは
るかにスムーズに進めることができます。
もしあなたが重罪で起訴された場合、問題はより深刻であるため、あなたはすべて
の公判手続きに出廷する義務があります。しかし、審理が設定されない交通違反など
の場合は、弁護士があなたに代わって事前に裁判所へ出向き、罪状認否をすることが
できます。
あなたが逮捕されなくて、出頭命令が出ていない場合でも、裁判が始まる前に、裁
判所に召集されることがあります。しかし、もしあなたがちゃんと弁護士を雇っていれば、
彼らがあなたに代わって罪状認否(手続き)をしてくれるでしょう。もし、逮捕や法廷
審理の嫌疑がかかった事件でもあなたがすべてを失うことはありません。あなたに必要
なのは弁護士を雇い、審理を無効にしてもらうよう働きかけることです。もちろん容疑
の重さによってケースは異なりますが、あなたが裁判所に出廷することなしに事件が解
決することもあるでしょう。ですから、スピード違反のような単純な違法行為の場合でも、
召集を無視せず、弁護士と話し、彼らにどういうことができるかを相談することが一番
です。ネバダ州在住の方が他州を旅行中、または通過中に令状を受け取った場合も同
様です。令状を無視せずに弁護士に相談しましょう。弁護士 ギャレットT. オガタ
ネバダ州、カリフォルニア州、ユタ州でのライセンス保持

Share This Story

Interested in this topic? Your friends might be too! Consider sharing this story to your social media channels by clicking on one of the icons below.
uploadmagnifiercrossmenu linkedin facebook pinterest youtube rss twitter instagram facebook-blank rss-blank linkedin-blank pinterest youtube twitter instagram